俳優パク・シネとチョン・ジョンソが、スリラー映画「コール(原題)」(監督イ・チュンヒョン、提供配給NEW、制作ヨンフィルム)にキャスティングされ出演を確定した。

制作会社と配給会社側は2日、“パク・シネとチョン・ジョンソがスリラー映画「コール(原題)」に出演を確定した”と明らかにした。

スクリーンとTVを行き来しながら様々な魅力を発散しているパク・シネと、映画「バーニング」(2018)で一気に映画界のブルーチップとして急浮上したチョン・ジョンソが、新作「コール(原題)」で出会う。「コール(原題)」は互いに違う時間を生きている二人の女性が、一通の電話で繋がり、繰り広げられる話を描いたスリラー映画だ。

韓流スターとして位置づけられ、ドラマ、CFなど多方面で優れた活躍を見せたパク・シネは、これまで「シラノ・エージェンシー」(2010)、「7番房の奇跡」(2012)、「尚衣院」(2014)、「兄貴」(2016)、「沈黙(原題)」(2017)などでしっかりとした演技力を証明しながら、魅力を持った俳優として位置づけられた。

「コール(原題)」でパク・シネが演じるキャラクターは、現在に住む女性ソヨンだ。偶然過去からの電話を受けることになり、想像もできないことに直面するが、断固として対抗する人物で、パク・シネはソヨンを通じてより一層成熟し深みのある演技を見せてくれるものと期待している。

巨匠イ・チャンドン監督の「バーニング」で、堂々とヒロインの座を自分のものにし、華やかに登場したチョン・ジョンソは独歩的な魅力が溢れる演技と、圧倒的な存在感で好評を得た。「バーニング」で型にはまらない新鮮な演技を見せながら、早くから次回作に対する期待を集めたチョン・ジョンソは「コール(原題)」で過去に生きる女性ヨンスク役を演じる。

彼女は、偶然未来に繋がった電話が自身を救う唯一の希望だと信じ、危険な選択もいとわないヨンスクというキャラクターで、新しい姿を披露し熱演を繰り広げる予定だ。

「コール(原題)」の演出を担ったイ・チュンヒョン監督は14分の短編映画「身代金」(2015)で全世界有数の映画祭を席巻し、一気に忠武路のホープとして浮上した若い新鋭だ。今回新しい映画が彼の長編デビュー作であるわけだ。

「ビューティー・インサイド」(2015)、「ラッキー」(2015)、「お嬢さん」(2016)、「沈黙(原題)」(2017)、「毒戦」(2018)など新鮮な企画で様々なジャンルの話題作を出したヨンフィルムが制作し、NEWが投資、配給を担った「コール(原題)」は助演のキャスティングとフリープロダクションを取りまとめて、来る11月撮影を開始する予定だ。

パク・シネ、チョン・ジョンソのキャスティング確定の知らせと、映画界が注目している話題の新鋭監督のデビュー作に期待を高めている映画「コール(原題)」は2019年公開予定だ。


参考記事:OSEN